社労士試験 1発合格した勉強法 ~本試験での時間配分・解答順序~

本試験での時間配分と解答順序についてです。

私は9回も模試を受け、その中で試行錯誤し、試験本番の時間配分、解答順序をすべて決めました。

時間配分と解答順序は決めるべきか?

結論から言います。

絶対に決めておいたほうがいいです。

どういう配分がいいとか、順番がいいとかはありません。
それは自分のやりやすい順番でやればいいです。順番通りでいいと思えばそれでいいです。

とにかく、一度自分で考えて時間配分、解答順序は組み立てをしてみてください。

試験本番の緊張間の中では何があるかわかりませんので、確固たる方法を確立して実践するのがいいと思います。

私の時間配分と解答順序

それでは選択式と択一に分けてみていきましょう。

選択式

時間配分

選択式は時間は余裕です。はっきりいって選択式で時間足りないならまず受かりません。
午後の択一に備えたいので、時間余れば即退室と決めてました。

解答順序

労安→労災→雇用→健保→厚年→国年→【労一社一】

解答順はほぼ順番通りですが、労一社一を最後にすると決めてました。

主要科目は大丈夫だろうと思ってましたが、労一社一だけは最後の最後まで怖かったのです。
試験の最初や途中に見てメンタルを削られて、他の科目に影響がでないように、主要科目終了後にやると決めていたのです。択一も同じく。

結果として、私の受験年度は労一が20択ウルトラクイズで、この対策は大正解でした。

択一式

時間配分と解答順序

択一式は3時間半の長丁場です。私は前半、中盤、後半の3パートに分けました。

 ■前半(目標60分)(最大115分)
労安→労災→雇用 各20分(25分で必ず次へ)

■休憩1回目
→トイレ・休憩・筋トレ(5分)

■中盤(目標50分)(最大60分)
→国年→厚年 各25分(30分で次へ)

■休憩2回目
→トイレ・休憩・筋トレ(5分)

■後半戦(目標60分)(最大115分)
→健保→労一・社一 各20分(25分で次へ)

■余った時間で
残り時間で①マークチェック→②飛ばした難問→③見直しに充てる。

 労働分野は問題文短いので各20分、年金は問題文長いので各25分に設定。
足りない場合は+5分までOKですが、それを過ぎれば次の科目に強制的に進みました。

これを徹底すれば、時間が足りなくなることはありません。
すべて最大時間でいっても見直しの時間はなくなりますが、解ききれなくて時間切れはない設定です。

択一は時間との闘いになると思います。

解答順序のイメージ

労働分野で1時間(最大115分)
→トイレ・休憩・筋トレ5分

→年金50分(最大60分)
→トイレ・休憩・筋トレ5分

→健保・一般常識60分(最大115分)
→残り時間でマークチェック、難問、見直し

という感じでしょうか。

解答順は大枠で得意な順番です。
得意な労働科目→普通な年金科目→不安な健保・一般常識
選択と同じようにメンタル削られない順です。

実際の試験では3時間15分で問題を解き終わり、最後の15分で見直しをして、時間きっちりに試験終了となりました。ドヤッ

見直しを効率的に行うために

残り時間での見直し、難問を効率的に行うために、問題に〇△×を付けるのと、個数問題は飛ばして最後に時間余ればやると決めていたので、わかるように解答用紙にチェックを付けていました。

  • 確答出来て自信ある問題には(見直し不要)
  • 2択まで絞れたけど、確信なしには(見直し対象)
  • 3択以上絞れなかった問題は×(難問認定で時間かけない)
  • 個数問題は飛ばして、最後に余った時間でやる

画像は私の本試験問題で実際にしていたマークです。

トイレについて

トイレは行っても行かなくてもいいですが、私の場合、休憩としてトイレに行きました。

というより、3時間半も集中し続けれますか?

私は無理です。なので、トイレに行きました。
便意があっても、なくても、決めたタイミングでトイレ。

そして、トイレに誰もいないのを確認して筋トレです。
この作業が私の気分転換には必須なのです。

がっつりエアアームカールとスクワットを決めて、晴れやかに試験会場に戻りました。

まとめ

本試験では何が起こるかわかりません。
ただ、何が起こっても動じないメンタルにするため、絶対に動かさない時間配分と解答順序を決めておきましょう。

今回の内容は私にあったやり方で私にとっては正解ですが、皆様にとっては正解ではないです。
時間配分と解答順序に答えはなく、自分に合ったものをみつけましょう。
それを自分で考えて組み立てる作業の中で、自分の強み弱みも見えてきますよ。

次回は、得点戦略です。きっと、すごい批判される内容になると思います。笑